JA | EN 
一般社団法人 HPCIコンソーシアム
ユーザー視点のインフラ構築を目指して
人材育成 人材育成
HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT

人材育成

 我が国ではスーパーコンピュータの開発と利活用のプロジェクトが歴代にわたって行われ、計算科学技術の進歩を牽引してきました。スーパーコンピュータ「富岳」を中心とするHPCIにおいても、様々な人材育成の活動が行われ、計算科学の成果の創出に貢献してきました。

 またHPCIコンソーシアムでは、スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協)と連携し、企業の観点からの計算科学分野の人材育成についても提言を取りまとめています。

 このサイトは、HPCIコンソーシアムの構成機関の大学のスパコンセンターや研究機関における計算科学および高性能計算技術のスクールや講習会など、人材育成に関する活動の最新の情報を集約・共有し、役に立てていただくためのものです。

 スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協)のHP:http://www.icscp.jp/

絞り込み表示 
キーワード
第65回お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 機械学習活用
2024年02月27日 (火)
Zoomによるオンライン開催
日時  : 2024年 2月 27日(火) 13:00 - 17:00
対象者 : スーパーコンピュータ「不老」を機械学習に活用したい方
定員  : 最大30名(先着順)
      ただし講習会用アカウントの利用は最大20名まで
概要  :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、大規模並列処理の普及を目的として、 当センターが有するスーパーコンピュータ「不老」を利用した講習会を実施しています。 本講習会ではType IIサブシステムを利用した機械学習に関する講習会を実施します。
機械学習は様々な分野で活用されている技術であり、その需要は非常に大きなものとなっていますが、時間のかかる処理でもあります。 その時間の短縮にはGPUの利用が非常に効果的です。 「不老」Type IIサブシステムに搭載されたTesla V100 GPUは機械学習を高速に行うのに適したハードウェアであり、普通に買うよりもずっと安く手軽に利用できます。 そこで、機械学習プログラムを「不老」Type IIサブシステム上で実行するための方法を説明し、実際に使って試していただきます。

参加費  : 無料
申込締切 :
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、 2月13日(火)12:00までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は2月21日(水)12:00まで受け付けますが、 先着順で締切であり事前の接続準備が必要であるため、なるべく早くお申し込みください。
DDCoMS-PCoMS-RISME 計算物質科学セミナーシリーズ 2023  ―計算科学によるデータ創出、活用にむけて― 第4回<基礎レベル&応用レベル> 「OCTA講習会&トレーニング2024」
2024年02月27日 (火)
オンライン開催
第4回<基礎レベル&応用レベル>
「OCTA講習会&トレーニング2024」
・講師:森⽥ 裕史(国立研究開発法人 産業技術総合研究所)
    ⻘柳 岳司(旭化成株式会社)
    本⽥  隆 (お茶の水女子大学)
    ⼩沢  拓 (株式会社JSOL)
・日時:2024年2月27日(火)13:00-18:10
・開催方式:オンライン開催
・事前申込締切:2024年2月26日(月)13:00まで
・主な対象:理工系の大学院生、および研究者の方
・講演レベル:<基礎レベル>計算物質科学が専門外のMC学生以上
       <応用レベル>DC、PD、研究者、計算物質科学が専門のMC学生
       (応用レベルのみの回は簡単な導入部有)
・定員:60名
・参加費:無料
詳細プログラムおよび事前申込
第4回概要&ハンズオン実習用の事前準備(ソフトウェアのダウンロードなど)について


----------------------------------
・問合せ先:東北大学 金属材料研究所
     PCoMS事務局 pcoms@grp.tohoku.ac.jp

・共催:計算材料科学が主導するデータ駆動型研究手法の開発とマテリアル革新(DDCoMS)
    計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS)
    極限環境対応構造材料研究拠点(RISME)
・協賛:東北大学金属材料研究所計算材料学センター(CCMS)
    計算物質科学協議会(CMSF)
    データ創出・活用型マテリアル研究開発プロジェクト データ連携部会
    (DxMT CoLabo)
第66回お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 MPI
2024年02月28日 (水)
Zoomによるオンライン開催
日時 : 2024年2月28日(水)10:00~17:30
定員 : 30名(先着順)*最小催行人数:3名(満たない場合は中止とさせていただく場合もあります)
概要 :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、データサイエンス研究の基盤となる大規模並列処理の普及を目的として、当センターが有する最先端の計算機システムのスーパーコンピュータ「不老」TypeⅠサブシステム(スーパーコンピュータ「富岳」型ノード)Fujitsu PRIMEHPC FX1000を利用したMPIによる並列化講習会を実施します。

参加費 : 無料
申込締切:
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、2月14日(水)までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は2月26日(月)12:00まで可能ですが、「受講のための注意」に記載のとおり受講生の方は事前準備が必要なため、早めにお申し込みください。
第7回CAEワークショップ ~CAEシミュレーションの今と広がる支援サービス~
2024年03月08日 (金)
オンサイト:秋葉原UDX 4階 NEXT-2 オンライン:web会議システムZoom
日時 : 2024年3月8日(金)13:00 - 17:30
場所 :
オンサイト:秋葉原UDX 4階 NEXT-2(東京都千代田区) *JR秋葉原駅電気街口徒歩3分(開場:12:00)
オンライン:web会議システムZoom を使用したオンライン(オンラインでの接続開始:12:30)

内容 :
本ワークショップは、企業や大学・研究機関のCAE分野の研究者およびアプリケーション開発者を対象に、CAE分野の最新動向やアプリケーションの活用事例、並列計算を行うノウハウ等の情報を提供いたします。

第7回CAEワークショップでは、スーパーコンピュータ「富岳」の利用案内を始め、生成AIや電磁界解析、水素ガスタービンの最新の話題をご提供いたします。さらにRISTからの「富岳」の利用案内だけでなく、「富岳」を円滑に利用するために事業者が提供している支援サービスについて、各事業者の方にご講演いただきます。

オンサイト会場では休憩時間や終了後に、HPCIシステムの利用に関心のある方に対して、申請方法や利用支援等について個別に情報交換、利用相談を行います。些細な疑問点にもお答えいたしますので、この機会を是非ご活用ください。皆様のご参加をお待ちしております。

詳しくは参照のURLをご覧ください。

参加費  : 無料
申込締切 : 2024年3月6日(水)
定員   : オンサイト(秋葉原UDX):60名
※定員60名に達しましたらオンサイトの申込は締め切り、オンラインのみの申込になります。
オンライン(Zoom):Zoomへのアクセス上限人数に達しましたら申込を締め切ります。
第67回 お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 OpenMP
2024年03月11日 (月)
Zoomによるオンライン開催
日時 : 2024年 3月 11日(月) 13:00 - 17:00
定員 : 30名(先着順)
概要 :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、大規模並列処理の普及を目的として、 当センターが有するスーパーコンピュータ「不老」を利用した講習会を実施しています。 本講習会ではType Iサブシステム(スーパーコンピュータ「富岳」型ノード、FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000) を利用したOpenMPによる並列化講習会を実施します。

参加費  : 無料
申込期限 :
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、2月26日(月)までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は3月7日(木)12:00まで受け付けますが、 先着順で締切であり事前の接続準備が必要であるため、なるべく早くお申し込みください。
第3回「富岳」成果創出加速プログラム研究交流会
2024年03月12日 (火)
富士ソフトアキバプラザ 5階アキバホール、レセプションホール
日時 : 2024年3月12日(火) 10:00~18:00(予定)
内容 :
スーパーコンピュータ「富岳」が運用を開始して約3年――「富岳」成果創出加速プログラムは令和5年度より、大部分が新たに開始される課題となり、「富岳」を用いたこれまでにない新規成果の創出が見込まれています。
 第3回研究交流会では、「富岳」の目覚ましい成果をはじめとした、研究への刺激になるような講演を予定しています。会場ではポスターセッション等、直接研究者間の情報交換や交流ができる場を設けておりますので、成果創出加速プログラム関係者のみならず、「富岳」を中核とするHPCIシステムの利用者、利用に興味のある方に参加いただきたいと考えています。なお、講演についてはオンラインでも視聴できます。

詳しくは参照のURLをご覧ください。

企画   : 文部科学省・スーパーコンピュータ「富岳」成果創出加速プログラム
参加費  : 無料 (懇親会のみ会費制)
申込締切 :
現地参加/2024年3月5日(火) 23:59
オンライン/2024年3月10日(日)23:59
定員   : 100名(現地参加)
ABINIT-MP講習会 -スーパーコンピュータ「富岳」を用いたハンズオン-
2024年03月14日 (木)
RIST東京事務所(東京都港区) 会議室
日時 : 2024年3月14日(木)13:00~17:20 (12:30受付開始)
内容 :
フラグメント分子軌道(FMO)法は、並列処理を駆使して巨大分子系を量子化学的に直截に扱える手法の1つです。
ABINIT-MPは、東京大学生産技術研究所を拠点に 20年程の月を経て開発が進められてきた純国産のFMOプログラムで、現在はOpenシリーズとして整備が続けられています。

Openシリーズは、2021年度にVer. 2系に移行しました。Ver. 2系では、これまで通りの機能の拡充に加え、高速化と大規模系への対応を進めており、2021年9月に最初のリリース版としてVer. 2 Rev. 4を出し、2023年8月には性能と機能が向上したVer. 2 Rev. 8がリリースされています。

FMO計算からは対象系の解析に好適なフラグメント間相互作用エネルギー(IFIE)が得られ、生物物理や創薬の分野でよく利用されてきました。今回のハンズオンセミナーでは、GUIであるBioStation Viewerとの連携が保持されているVer. 1 Rev. 22を使い、FMO相互作用解析の実際を体験していただきます。スーパーコンピュータ「富岳」には、Ver. 1 Rev. 22、Ver. 2 Rev. 4、Ver. 2 Rev. 8がSpack環境で整備されていますので、機能と用途に応じて使い分けていただくことも可能です。セミナーの中ではABINIT-MP Openシリーズの開発経緯と今後の開発予定についてもお話します。皆様の参加をお待ちしております。

詳しくは参照のURLをご覧ください。
参加費  : 無料
申込締切 : 2024年2月14日(水) 17:00
定員   : 10名程度(先着順)
mVMC講習会 - Camphor3(システムA)を用いたハンズオン -
2024年03月25日 (月)
京都大学 学術情報メディアセンター北館 305端末室とZoomのハイブリッド開催
日時 : 2024年3月25日(月)13:00~17:00 (12:30会場受付とZoom接続開始)
内容 :
広汎な多体量子系の有効模型(多軌道ハバード模型、ハイゼンベルグ模型、近藤格子模型など)を変分モンテカルロ法によって解析できるオープンソースソフトウェアmVMCの講習会を行います。今回の講習会では、mVMCを用いた変分モンテカルロ法によるシミュレーションに興味のある方を対象に、 mVMCの概要と基本的な使い方を、京都大学学術情報メディアセンターのCamphor3(システムA)で、実際にmVMCを体験して頂きながら、使用方法をご説明いたします。実験研究者や大学院生の参加を歓迎いたします。

*mVMCは2023年度HPCIソフトウェア賞 【開発部門賞】最優秀賞として表彰されたソフトウェアです。
詳しくは、HPCIマガジン富岳百景 にて紹介されています。

*会場で受講される方は、会場で準備されたPCをご利用ください。持ち込まれたPCは会場ではご利用いただけない場合がありますのでご注意ください。

詳細は参照をご覧ください。

参加費 : 無料
定員  : 会場と配信の合計で15名程度(先着順)
はじめてのプログラミング
2024年03月28日 (木)
高度情報科学技術研究機構(RIST)神戸センター 6階大会議室
日時 : 2024年3月28日(金)10:00‐17:10(9:45受付開始)
題名 : 数値シミュレーションに挑戦しよう!はじめてのプログラミング
対象 : 高校生、高専生(初めてプログラミングに取り組む方)
内容 : Pythonを使ったプログラミング基礎講座の後、自分でプログラムを作成してモンテカルロ法を用いた旅人と村娘の数値シミュレーションを体験します。

参加費: 無料
定員 : 15名(先着順)
その他:
・定員は15名までですが、各校につき先着3名までとさせていただいております。ご了承ください。
・イベント中に撮影する写真などは広報活動に活用させていただきます。

申込締切:満員次第締切