JA | EN 
一般社団法人 HPCIコンソーシアム
ユーザー視点のインフラ構築を目指して
人材育成 人材育成
HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT

人材育成

 我が国ではスーパーコンピュータの開発と利活用のプロジェクトが歴代にわたって行われ、計算科学技術の進歩を牽引してきました。スーパーコンピュータ「富岳」を中心とするHPCIにおいても、様々な人材育成の活動が行われ、計算科学の成果の創出に貢献してきました。

 またHPCIコンソーシアムでは、スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協)と連携し、企業の観点からの計算科学分野の人材育成についても提言を取りまとめています。

 このサイトは、HPCIコンソーシアムの構成機関の大学のスパコンセンターや研究機関における計算科学および高性能計算技術のスクールや講習会など、人材育成に関する活動の最新の情報を集約・共有し、役に立てていただくためのものです。

 スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協)のHP:http://www.icscp.jp/

絞り込み表示 
キーワード
第3回HPCIフォーラム・シンポジウム スーパーコンピュータ「富岳」「産業利用の広場」
2022年11月29日 (火)
オンライン
日時  : 2022年11月29日(木)13:30~17:30
配信方法: Zoomによるオンライン配信
要旨  :
「富岳」およびHPCIを活用した産業利用の成果を広く知っていただくことを目的としており、さまざまな産業分野における活用事例や利用支援の事例をご紹介いたします。
今後、「富岳」およびHPCIが産業界にもたらすイノベーションの可能性に触れることができ、「富岳」やHPCIの利用をもっと身近な存在に感じられる内容となっております

対象  : 一般および企業の研究・開発者、HPCIコミュニティユーザー
参加費 : 無料
AVS/Express座学講習会
2022年11月30日 (水)
Zoomによるオンライン開催
開催日:2022年 11月30日(水) 13:30- 16:30
定員 :15名(先着順)
概要 :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、大規模並列処理の普及を目的として、 当センターが有するスーパーコンピュータ「不老」を利用した講習会を実施しています。

ビジュアル・プログラミングにより、独自のグラフィックスアプリケーションの開発 および可視化を行うツールです。流体解析,構造解析,計算化学,医療画像などの幅広い分野 で利用されています。大規模データにも対応しています。 可視化結果は、専用のフリービューワ(3D AVS Player)や本センター1階可視化室に 設置してある可視化装置を使って、大画面,高解像度,立体視等を使った様々な可視化を行うことができます。
デモライセンスで実際にお試しいただけます。

参加費用  :本講習会の参加料金は無料です。
参加登録方法:事前申込み にアクセスして参加登録のための情報を入力してください。
       登録のメールアドレスは、所属先発行のアドレスをご記入ください。
第18回HPCプログラミングWebセミナー: チューニング技法入門
2022年12月02日 (金)
Webex Eventsによるオンライン
日時   : 2022年12月2日(金) 13:30~17:15
内容   : CPUコアを効率よく利用するための、基本的な方法についてご説明いたします。
       初級者向けの内容です。
       C言語またはFortranの基礎知識が必要です。
受講資格 : HPCIのユーザの方、HPCIを利用する予定がある、または利用を検討している方で、
       HPC (High Performance Computing) 向けプログラミング技法の習得を目指す方を対象にしたセミナーです。
参加費  : 無料
定員   : 30名
第42回お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 OpenFOAM(中級・3次元ダムブレイク解析)
2022年12月06日 (火)
Zoomによるオンライン開催
開催日:2022年 12月6日(火) 10:00- 18:00
定員 :10名(先着順)

概要 :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、大規模並列処理の普及を目的として、 当センターが有するスーパーコンピュータ「不老」を利用した講習会を実施しています。

本講習会は「不老」Type Iサブシステムを使用したOpenFOAMの初心者向け型講習会です。 OpenFOAMは英国OpenCFD社(http://www.opencfd.co.uk)がオープンソースコードとして公開する 連続流体解析用のアプリーション群です。 オブジェクト指向言語C++ で開発されており、アプリケーションのカスタマイズが可能です。

講習会当日から3日間利用できるお試しアカウント付きです。ぜひ復習にお役立てください。

参加費用  :本講習会の参加料金は無料です。
参加登録方法:事前申込み にアクセスして参加登録のための情報を入力してください。
       登録時のメールアドレスは所属先発行のアドレスをご記入ください。
申し込み締切:
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、11月24日(木)までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は12月1日(木)まで可能ですが、「受講のための注意」に記載のとおり受講生の方は事前準備が必要なため、早めにお申し込みください。
第196回お試しアカウント付き並列プログラミング講習会「MPI+OpenMPで並列化されたFortranプログラムのGPUへの移行手法」
2022年12月07日 (水)
Zoomによるオンライン講習会(接続情報は申込者にのみご連絡)
◆開催日:2022年12月7日(水)13:00-17:00
◆備 考:
既存のMPI+OpenMPでCPU向けに並列化されたFortranプログラムのGPU環境への移植手法を学ぶ講習会です。
GPU向けのループ並列化の手段としてはOpenACC, OpenMP 5.x, do concurrent, CUDA Fortranなど様々であるため、それぞれの特徴や使い方を学びます。
また、OpenMPでCPU向けに並列化された有限要素法のプログラムを題材とした、GPUへの移植の演習を行います。

【受講資格】
MPIやOpenMP(CPU向け)プログラミングに関して理解していることが望まれます。
また、スーパーコンピュータの使い方に慣れていることが望ましいです。

【受講料】無料

【申込URL】https://regist.cc.u-tokyo.ac.jp/entry2/form.html
※ 定員(上限30名)になり次第、申込みを終了させていただきます
※ 申込締切:2022年11月30日(水)17:00
第19回HPCプログラミングWebセミナー: アクセラレータ入門
2022年12月09日 (金)
Webex Eventsを使用したWeb講習会
日時   : 2022年12月9日(金)13:30-16:00(接続受付開始 13:00)
内容   : GPUを利用するための、OpenACCを使用したプログラミング技法についてご説明いたします。
       初級者向けの内容です。
受講資格 :
・HPCIのユーザの方、HPCIを利用する予定がある、または利用を検討している方
・HPC (High Performance Computing) 向けプログラミング技法の習得を目指す方
・C言語またはFortranの基礎知識が必要です。

参加費  : 無料
定員   : 30名
第197回お試しアカウント付き並列プログラミング講習会「第6回 GPUミニキャンプ」
2022年12月12日 (月)
Zoomによるオンライン講習会(接続情報は申込者にのみご連絡)
◆開催日:2022年12月12日(月)・19日(月)10:00-17:00
◆備 考:
本ミニキャンプでは、参加者がコードやデータセットを持ち込み、既存のCPUシミュレーションコードのCUDA、OpenACC等によるGPU化や
既存の単体GPUコードを複数GPUコードにすることなど、GPUに関連した参加者がお持ちの課題に対して
メンターからの助言を受けながら、その課題解決に取り組みます。
受講資格の制約および選考がございますので講習会ページをご確認のうえ、お申込ください。

【受講資格】
・国公私立大学・高専の教員・学生・研究生、研究機関研究員、企業に所属する研究者・技術者
・解決したい課題が、学術研究、教育および社会貢献に関連するものであること
・作業に必要なコードおよびデータセット等をセンターに持ち込めること
 (個人情報など持ち込みが難しい場合は、データの匿名化やダミーデータセットなどの対応をお願いします)
・SSHを介したコマンドライン操作によるLinux上での作業に支障のないこと

【受講料】無料

【申込URL】https://regist.cc.u-tokyo.ac.jp/entry3/form.html
※ 上記ページより受講資格等をご確認の上でお申し込みください
※ 申込チームの中から、10チーム程度(1チーム最大5名)を選定いたします
※ 申込締切:2022年11月28日(月)

【参考資料】
* 過去開催時の報告記事
第20回HPCプログラミングWebセミナー: 並列プログラミング入門(OpenMP編)
2022年12月16日 (金)
Webex Eventsを使用したWeb講習会
日時   : 2022年12月16日(金)13:30-16:45(接続受付開始 13:00)
内容   : 共有メモリ型並列計算機を利用するための、OpenMPを使用したスレッド並列化の方法についてご説明いたします。
受講資格 : HPCIのユーザの方、HPCIを利用する予定がある、または
       利用を検討している方で、HPC (High Performance Computing) 向け
       プログラミング技法の習得を目指す方を対象にしたセミナーです。
       ・C言語またはFortranの基礎知識が必要です。
参加費  : 無料
定員   : 30名
スーパーコンピュータ「富岳」 成果創出加速プログラムシンポジウム「富岳百景」 ー「富岳」3年の軌跡ー
2022年12月21日 (水)
Zoomによるオンライン配信
日時   : 2022年12月21日(水)11:00~17:30
配信方法 : Zoomによるオンライン配信
要旨   :
スーパーコンピュータ「富岳」が動き出して3年。
その間に、文部科学省のプログラム※で生まれた様々な研究成果について、
第一線の研究者から、皆様に向けてわかりやすくご紹介します。
「「富岳」って何に使われてるの?」という方、必見です。
どなたでもご参加いただけますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

参加費  : 無料
第43回お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 機械学習(初級)
2022年12月22日 (木)
Zoomによるオンライン開催
開催日:2022年 12月 22日(木) 10:00 - 17:30
定員 :最大30名(先着順) ただし講習会用アカウントの利用は最大20名まで
概要 :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、大規模並列処理の普及を目的として、 当センターが有するスーパーコンピュータ「不老」を利用した講習会を実施しています。 本講習会ではType IIサブシステムを利用した機械学習に関する講習会を実施します。

機械学習は様々な分野で活用されている技術であり、その需要は非常に大きなものとなっていますが、時間のかかる処理でもあります。 その時間の短縮にはGPUの利用が非常に効果的です。 「不老」Type IIサブシステムに搭載されたTesla V100 GPUは機械学習を高速に行うのに適したハードウェアであり、普通に買うよりもずっと安く手軽に利用できます。 しかし機械学習を高速に行いたい方たちがスパコンの利用に慣れているとは限りません。

そこで、「スパコンで機械学習を行いたい」方向けの初心者向け講習会を開催することにしました。 本講習会では機械学習そのものについての説明はほとんど行いません。 TensorFlowやPyTorchを用いた機械学習プログラムを「不老」Type IIサブシステム上で実行するための方法を説明し、実際に使って試していただきます。

参加費用  :本講習会の参加料金は無料です。
参加登録方法:事前申込み にアクセスして参加登録のための情報を入力してください。
       メールアドレスは所属先のアドレスをご記入ください。
申し込み締切:
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、 12月8日(木)12:00までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は12月19日(月)12:00まで受け付けますが、 先着順で締切であり事前の接続準備が必要であるため、なるべく早くお申し込みください。
第21回HPCプログラミングWebセミナー: 並列プログラミング入門(MPI編)
2022年12月23日 (金)
Webex Eventsを使用したWeb講習会
日時   : 2022年12月23日(金)13:00~18:00
内容   : 分散メモリ型並列計算機を利用するための、MPIを使用したプロセス並列化の方法についてご説明いたします。
       初級者向けの内容です。
受講資格 : C言語の基礎知識と、Linux等UNIX系OSのCLI(Command Line Interface)に触れたことがあること、
       及びHPC向け計算機システムでのバッチジョブ実行の概念をご存知であることを前提としております。
参加費  : 無料
定員   : 30名
RIKEN International HPC Spring School 2023:Society 5.0に向けて
2023年03月13日 (月)
ハイブリッド(日本居住者:オンサイトまたはオンライン 日本居住者以外:オンライン)
開催日  : 2023年3月13日(月) - 15日(水)
使用言語 : 英語
概要   :
The lecture is focusing on parallel linear solver for finite element analysis. Finite element method is a strong tool for various type of industrial problems by utilizing consolidated knowledge of mathematics and engineering. To obtain finite element solution, at the final stage, linear system with large sparse matrix needs to be solved and the condition number of such matrix becomes very large due to spatial jump of physical parameters and to complex coupling of multi-physics.

Eligible individuals are as follows
・Students who are enrolled in a Ph.D. program, post-doctoral scientists and early career scientists affiliated with universities or research institutions.
・Scientists and engineers affiliated with private companies.

Maximum number of participants: About 40.
Application deadline: 5 pm, January 9, 2023 (JST)
To apply for the spring school:https://krs2.riken.jp/m?f=1726