JA | EN 
一般社団法人 HPCIコンソーシアム
ユーザー視点のインフラ構築を目指して
人材育成 人材育成
HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT

人材育成

 我が国ではスーパーコンピュータの開発と利活用のプロジェクトが歴代にわたって行われ、計算科学技術の進歩を牽引してきました。スーパーコンピュータ「富岳」を中心とするHPCIにおいても、様々な人材育成の活動が行われ、計算科学の成果の創出に貢献してきました。

 またHPCIコンソーシアムでは、スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協)と連携し、企業の観点からの計算科学分野の人材育成についても提言を取りまとめています。

 このサイトは、HPCIコンソーシアムの構成機関の大学のスパコンセンターや研究機関における計算科学および高性能計算技術のスクールや講習会など、人材育成に関する活動の最新の情報を集約・共有し、役に立てていただくためのものです。

 スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協)のHP:http://www.icscp.jp/

絞り込み表示 
キーワード
第45回お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 OpenFOAM(中上級・かくはん槽解析)
2023年02月13日 (月)
Zoomによるオンライン開催
◆開催日:2023年 2月13日(月) 10:00- 18:00
◆定員 :10名(先着順)
◆概要 :
本講習会は「不老」Type Iサブシステムを使用したOpenFOAMの初心者向け型講習会です。 OpenFOAMは英国OpenCFD社がオープンソースコードとして公開する 連続流体解析用のアプリーション群です。 オブジェクト指向言語C++ で開発されており、アプリケーションのカスタマイズが可能です。
講習会当日から3日間利用できるお試しアカウント付きです。ぜひ復習にお役立てください。

◆参加登録方法:事前申込み にアクセスして参加登録のための情報を入力してください。
        登録時のメールアドレスは所属先発行のアドレスをご記入ください。
◆参加登録締切:
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、1月30日(月)までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は 2月9日(木)12:00まで可能ですが、「受講のための注意」に記載のとおり受講生の方は事前準備が必要なため、早めにお申し込みください。
◆参加料金  :無料
PCoMSシンポジウム&計算物質科学スーパーコンピュータ共用事業報告会2022
2023年02月13日 (月)
オンライン開催 (事前登録制)
日時:2023年2月13日(月)10:00 - 17:20
   2023年2月14日(火)10:00 - 15:50

参加費:無料
プログラム詳細&申込:http://pcoms.imr.tohoku.ac.jp/R04/PCoMS-SCCMS-Sympo2022/
申し込み締切:2023年2月9日(木)

共催:計算物質科学人材育成コンソーシアム
   計算物質科学スーパーコンピュータ共用事業
協賛:計算物質科学協議会
第199回お試しアカウント付き並列プログラミング講習会「Wisteria実践」
2023年02月14日 (火)
Zoomによるオンライン講習会(接続情報は申込者にのみご連絡)
◆開催日:2023年2月14日(火)10:30-17:30
◆備 考:
Odysseyノードを構成するA64FXプロセッサに特徴的なSVE命令とその活用方法、MPI+OpenMPハイブリッドプログラミングについて概略を学びます。
また、Aquariusノードを構成するA100 GPUの利用方法、主にOpenACCを用いたプログラミングと、MPIを用いたマルチGPU実行について概略を学びます。
さらに、Odyssey, Aquariusを利用する上での適切な実行方法について、実習を行います。

【受講資格】
特に制限はありませんが、最低限emacs またはvi 等によりファイルの編集をできる必要があります。
また、FortranまたはC言語によるプログラミング経験、UNIX の経験があること、
OpenMPおよびMPIに関する知識があることが望ましいです。

【受講料】無料

【申込URL】https://regist.cc.u-tokyo.ac.jp/entry2/form.html
※ 定員(上限30名)になり次第、申込みを終了させていただきます
※ 申込締切:2023年2月7日(火)17:00

【参考資料】
* 過去開催時の教材・録画映像
* 過去開催時の報告記事
第15回材料系ワークショップ 〜計算・計測のデータ統合による材料開発の革新〜
2023年02月16日 (木)
オンサイト(秋葉原UDX)とオンライン(Zoom)ハイブリッド開催
◆日時 2023年2月16日(木) 10:00~17:30(9:30から接続受付開始)
◆開催形式 オンサイト(秋葉原UDX)とオンライン(Zoom)両方のハイブリッド開催
・秋葉原UDX 4階 NEXT-1(東京都千代田区) *JR秋葉原駅電気街口徒歩2分
・web会議システムZoom を使用したオンライン

◆主旨
本ワークショップでは、企業や研究機関などの材料系分野の研究・開発者を対象に、シミュレーションを行う際に有益となる情報の提供を行っています。
今回は「富岳」を始めとするスーパーコンピュータによって蓄積される計算データと、SPring-8 / J-PARCなどの実験研究施設における計測データに注目し、計算と計測のデータをどのように統合させて、データ駆動型の研究を推進させていくかについて、最先端の取り組みや、他分野の先行事例を紹介いたします。またパネルディスカッションにおいては、そのデータの取り扱いについて今後のあり方を議論します。
企業の方をはじめ多くの⽅々にとって「富岳」がより利⽤し易くなるような研究課題申請の簡素化などの利⽤制度の改善や利⽤⽀援についても紹介します。
なお、このワークショップは、スーパーコンピューティング技術産業応用協議会と材料系の「富岳」成果創出加速プログラム7課題の共催、また今回よりデータ創出活用型マテリアル研究開発プロジェクトとも共催になり、他の材料系シミュレーションに関係する各機関の協賛をいただき、各機関と連携してこの分野の振興を目指しています。

◆定員
・オンサイト(秋葉原UDX):50名程度 (*定員50名に達しましたらオンサイトの申込は締め切り、オンラインのみの申込になります。)
・オンライン(Zoom):Zoomへのアクセス上限人数に達しましたら申込を締め切ります。
◆受講料 無料
◆申込締切 2023年2月10日(金) 17:00 *定員になり次第締め切ります。
ABINIT-MP講習会 -名古屋大学情報基盤センタースーパーコンピュータ「不老」Type IIサブシステム (CX2570)を用いたハンズオン-
2023年02月20日 (月)
web会議システム BlueJeansを使用したWeb講習会
◆日時 2023年2月20日(月)13:00~17:20 (12:30接続開始)
◆内容 フラグメント分子軌道(FMO)法は、並列処理を駆使して巨大分子系を量子化学的に直截に扱える手法の1つです。
ABINIT-MPは、東京大学生産技術研究所を拠点に 20年程の月を経て開発が進められてきた純国産のFMOプログラムで、現在はOpenシリーズとして整備が続けられています。

Openシリーズは、2021年度にVer. 2系に移行しました。Ver. 2系では、これまで通りの機能の拡充に加え、高速化と大規模系への対応を進めており、2021年9月に最初のリリース版としてVer. 2 Rev. 4を出しました。現在、Ver. 2 Rev. 8のリリースに向けて準備しています。

FMO計算からは対象系の解析に好適なフラグメント間相互作用エネルギー(IFIE)が得られ、生物物理や創薬の分野でよく利用されてきました。今回のハンズオンセミナーでは、GUIであるBioStation Viewerとの連携が保持されているVer. 1 Rev. 22を使い、FMO相互作用解析の実際を体験していただきます。名古屋大学情報基盤センタースーパーコンピュータ「不老」Type IIサブシステム(CX2570)には、Ver. 1 Rev. 22とVer. 2 Rev. 4の両方が整備されていますので、機能と用途に応じて使い分けていただくことも可能です。セミナーの中ではABINIT-MP Openシリーズの開発経緯と今後の開発予定についてもお話します。皆様のご参加をお待ちしております。

◆受講資格
・HPCIのユーザの方、HPCIを利用する予定がある、または利用を検討している方
・CX2570のユーザの方、 CX2570を利用する予定がある、または利用を検討している方
◆参加費 無料
◆定員  10名程度(先着順)
◆受講の際の注意事項
以下について事前にご確認ください。
・CX2570へのSSH接続
 事前に接続の可否をご確認ください。
 *SSH接続が出来ない場合には、CX2570での実習が行えません。
・web会議システムBlueJeans
 BlueJeansアプリを用いた接続をお願いします。事前に接続の可否をご確認ください。
※その他詳細は参照のリンク先にてご確認ください
第46回お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 OpenMP(初級)
2023年02月21日 (火)
Zoomによるオンライン開催
◆開催日:2023年 2月 21日(火) 10:00 - 17:30
◆定員 :30名(先着順) ただし講習会用アカウントの利用は最大20名まで
◆概要 :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、大規模並列処理の普及を目的として、 当センターが有するスーパーコンピュータ「不老」を利用した講習会を実施しています。 本講習会ではType Iサブシステム(スーパーコンピュータ「富岳」型ノード、FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000) を利用したOpenMPによる並列化講習会を実施します。

◆参加登録方法:事前申込み にアクセスして参加登録のための情報を入力してください。
        メールアドレスは所属先のアドレスをご記入ください。
◆参加登録締切:
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、 2月7日(火)までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は2月16日(木)まで受け付けますが、 先着順で締切であり事前の接続準備が必要であるため、なるべく早くお申し込みください。
◆参加費用  :無料
第1回「富岳」を用いたQuantum ESPRESSO-WHEEL入門講習会(ハンズオン)
2023年02月22日 (水)
web会議システム BlueJeansを使用したWeb講習会
日時: 2023年2月22日(水)13:00~17:30 (12:30接続開始)
受講資格: HPCIのユーザの方、HPCIを利用する予定がある、または利用を検討している方
主旨: Quantum ESPRESSO(QE) は、密度汎関数(DFT)法による電子状態計算PWscfをベースとした材料モデリングのためのオープンソース統合パッケージです。基礎方程式を解く基本プログラム以外にも多数のパッケージやプラグインが含まれ、多種多様な物理量が計算できます。実用例として、結晶の電子状態、電気伝導特性、光励起スペクトル、材料開発のための物質構造の探索も可能です。また、QEは大規模計算における並列性能も高く、HPCIで利用実績の高いアプリソフトの1つです。
WHEELは、理研R-CCSを中心に開発を進めているオープンソースの解析ワークフローツールです。広義のものづくり系(流体・構造・材料系など)解析アプリの典型的な解析ワークフローの構築・実行をWebブラウザ上で行うことができ、特にスパコンを計算資源としたパラメータサーベイを含むワークフローを手軽に構築・実行できる特徴があります。
このような背景を受けて、今回、QEを初めて実行する方を対象に、スーパーコンピュータ「富岳」を用いて、QEのexampleの実行、WHEELを用いたQEの実行などを実習形式で体験して頂きます(ハンズオン)。

詳しくは参照先をご確認ください。
定員: 10名程度(先着順)
受講料: 無料
申込締切: 2023年1月25日(水) 17:00(定員になり次第締め切ります。)
PCoMS&RISMEセミナーシリーズ:計算物質科学セミナー2022 ―計算物質科学と  マテリアル デジタル トランスフォーメーション(DX)―
2023年02月24日 (金)
<ハイブリッド開催>
第4テーマ【マルチスケール】

・講師: 毛利 哲夫 北海道大学 名誉教授 / 科学技術振興機構 シニアフェロー

 10:00-12:00「基礎編:離散格子から連続体へ」
 13:30-16:00「応用編:材料開発の順問題・逆問題」

・主な対象:<基礎編>材料専門外の理工系のMCレベル以上
       <応用編>DC、PD、若手研究者以上
・定員:オンサイト25名、オンライン50名(定員を超えた場合は先着順)
・参加費:無料
・事前申込締切:2023年2月22日(水)10:00
・事前申込用URL:https://forms.gle/kCMb33mJix38wxE29
SALMON講習会 -名古屋大学情報基盤センタースーパーコンピュータ「不老」TypeIサブシステム(FX1000)を用いたハンズオン-
2023年03月01日 (水)
web会議システム Zoomを使用したWeb講習会
日時: 2023年3月1日(水)13:30~17:30 (13:00接続開始)
受講資格:
・HPCIのユーザの方、HPCIを利用する予定がある、または利用を検討している方
・名古屋大学のFX1000のユーザの方、名古屋大学のFX1000を利用する予定がある、または利用を検討している方
主旨: SALMONは、光と物質の相互作用で起こる多様なナノスケールの電子ダイナミクスに対して第一原理計算を行うオープンソース計算プログラムです。 計算は時間依存密度汎関数理論に基づいており、ノルム保存擬ポテンシャルを含む時間依存コーンシャム方程式を実時間・実空間で解きます。光電磁場の伝搬を記述することも可能です。今回の講習会は、SALMONを用いて光と物質の相互作用を計算することに興味のある方を対象に、SALMONの背景となる基礎理論と計算法の簡単な説明を行ったのち、名古屋大学情報基盤センターのスーパーコンピュータ「不老」TypeIサブシステム(FX1000)を用いて実際にSALMONを用いた実習を行います。理論の研究者だけではなく、実験研究者や企業研究者、大学院生のご参加を歓迎いたします。

詳しくは参照先をご確認ください。
定員: 15名程度(先着順)
受講料: 無料
申込締切: 2023年2月21日(火) 17:00(定員になり次第締め切ります。)
第47回 お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 OpenACC(初級)
2023年03月06日 (月)
Zoomによるオンライン開催
開催日:2023年 3月 6日(月) 10:00 - 17:30
定員 :30名(先着順) ※ただし講習会用アカウントの利用は最大20名まで
概要 :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、大規模並列処理の普及を目的として、 当センターが有するスーパーコンピュータ「不老」を利用した講習会を実施しています。
本講習会ではType IIサブシステム を利用したOpenACCによるGPU利用講習会を実施します。

参加費:無料
参加登録方法:事前申込み にアクセスして参加登録のための情報を入力してください。
       メールアドレスは所属先のアドレスをご記入ください。
参加登録締切:
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、 2月20日(月)までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は3月2日(木)12:00まで受け付けますが、 先着順で締切であり事前の接続準備が必要であるためなるべく早くお申し込みください。
第6回 CAEワークショップ~CAEシミュレーションの最新動向~
2023年03月10日 (金)
オンライン開催(Webex)
日時: 2023年3月10日(金) 13:00~17:00(リモートでの接続開始:12:30)
主旨:
本ワークショップは、企業や大学・研究機関のCAE分野の研究者およびアプリ
ケーション開発者を対象に、CAE分野の最新動向やアプリケーションの活用事例、
並列計算を行うノウハウ等の情報を提供いたします。
第6回CAEワークショップでは、スーパーコンピュータ「富岳」の利用案内を始め、
新たに「富岳」上に整備されたFDS(Fire Dynamics Simulator)とFFXの利用事例、
機械学習を用いた自動車の衝突解析、量子コンピュータの最新動向についてご講演
いただきます。
また、休憩時間や終了後に、HPCIシステムの利用に関心のある方に対して、
申請方法や利用支援等について個別に利用相談を行います。些細な疑問点にも
お答えいたしますので、この機会に是非ご活用ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

詳しくは参照先をご確認ください。
定員: (定員 200名程度)
受講料: 無料
申込締切: 2023年3月8日(水)
第48回お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 機械学習(初級)
2023年03月10日 (金)
Zoomによるオンライン開催
開催日:2023年 3月 10日(金) 10:00 - 17:30
対象者:スーパーコンピュータ「不老」を機械学習に活用したい方
定員 :最大30名(先着順) ※ただし講習会用アカウントの利用は最大20名まで
概要 :
機械学習は様々な分野で活用されている技術であり、その需要は非常に大きなものとなっていますが、時間のかかる処理でもあります。 その時間の短縮にはGPUの利用が非常に効果的です。 「不老」Type IIサブシステムに搭載されたTesla V100 GPUは機械学習を高速に行うのに適したハードウェアであり、普通に買うよりもずっと安く手軽に利用できます。 しかし機械学習を高速に行いたい方たちがスパコンの利用に慣れているとは限りません。

そこで、「スパコンで機械学習を行いたい」方向けの初心者向け講習会を開催することにしました。 本講習会では機械学習そのものについての説明はほとんど行いません。 TensorFlowやPyTorchを用いた機械学習プログラムを「不老」Type IIサブシステム上で実行するための方法を説明し、実際に使って試していただきます。

参加費:無料
参加登録方法:事前申込み にアクセスして参加登録のための情報を入力してください。
       メールアドレスは所属先のアドレスをご記入ください。
参加登録締切:
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、 2月24日(金)12:00までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は3月8日(水)12:00まで受け付けますが、 先着順で締切であり事前の接続準備が必要であるため、なるべく早くお申し込みください。
RIKEN International HPC Spring School 2023:Society 5.0に向けて
2023年03月13日 (月)
ハイブリッド(日本居住者:オンサイトまたはオンライン 日本居住者以外:オンライン)
開催日  : 2023年3月13日(月) - 15日(水)
使用言語 : 英語
概要   :
The lecture is focusing on parallel linear solver for finite element analysis. Finite element method is a strong tool for various type of industrial problems by utilizing consolidated knowledge of mathematics and engineering. To obtain finite element solution, at the final stage, linear system with large sparse matrix needs to be solved and the condition number of such matrix becomes very large due to spatial jump of physical parameters and to complex coupling of multi-physics.

Eligible individuals are as follows
・Students who are enrolled in a Ph.D. program, post-doctoral scientists and early career scientists affiliated with universities or research institutions.
・Scientists and engineers affiliated with private companies.

Maximum number of participants: About 40.
Application deadline: 5 pm, January 9, 2023 (JST)
To apply for the spring school:https://krs2.riken.jp/m?f=1726

第8回 オンラインサロンスパコンコロキウム
2023年03月14日 (火)
オンライン開催(Webex)
日時: 2023年3月14日(火) 16:00~17:00(リモートでの接続開始:15:30)
題名: 人の移動を考慮した感染伝播モデルのCOVID-19の国内初期流行への応用
講演者: 長崎県立大学シーボルト校 情報システム学部情報セキュリティ学科 齋藤 正也
要旨: COVID-19の第1・2波の流行は大都市圏に限られており、地方での感染報告を説明するには大都市での再生産と地方への流入を考慮する必要がある。
そのための手法のひとつである確率的メタ・ポピュレーションモデルがある。
これは地域毎に分割した集団間でSIRモデルに従う感染者の発生を計算するとともに一定の確率で集団間で人を交換するものである。
本講演では、粒子フィルタを用いた感染報告のメタ・ポピュレーションモデルへのフィッティングおよびフィッティングしたモデルによる流入リスク評価の計算手法について紹介する。

参加費: 無料
申込締切: 2023年3月10日(金) 17:00
第49回お試しアカウント付きスーパーコンピュータ「不老」利用型講習会 MPI(初級)
2023年03月20日 (月)
Zoomによるオンライン開催
開催日:2023年3月20日(月)10:00~17:30
定員 :30名(先着順)*最小催行人数:3名(満たない場合は中止とさせていただきます)
           *ただし講習会用アカウントの利用は最大10名まで
概要 :
名古屋大学情報基盤センターでは、社会貢献、および、データサイエンス研究の基盤となる大規模並列処理の普及を目的として、当センターが有する最先端の計算機システムのスーパーコンピュータ「不老」TypeⅠサブシステム(スーパーコンピュータ「富岳」型ノード)Fujitsu PRIMEHPC FX1000を利用したMPIによる並列化講習会を実施します。

参加費:無料
参加登録方法:事前申込み にアクセスして参加登録のための情報を入力してください。
       登録時のメールアドレスは所属先発行のアドレスをご記入ください。
参加登録締切:
企業所属の方は、受講資格の審査を事前に行うため、3月6日(月)までにお申し込みください。
アカデミック所属の方は3月16日(木)12:00まで可能ですが、「受講のための注意」に記載のとおり受講生の方は事前準備が必要なため、早めにお申し込みください。